四国こんぴら歌舞伎大芝居

  • TOP
  • 演目と配役
  • 出演者プロフィール
  • ご利用案内
  • お申し込み

こんぴら歌舞伎とは

旧金毘羅大芝居は、天保6年(1835)に建築された現存する日本最古の本格的芝居小屋である。

昭和45年(1970)、学術的かつ文化的価値の高さを認められ国の重要文化財の指定を受け、その保存を図るため昭和51年(1976)、国の多額な補助金を得て復元再興がなされ、現在地に移転し、天保時代の姿そのままに甦った。

「四国こんぴら歌舞伎大芝居」は、昭和60年(1985)6月の初公演以来、文化庁、香川県及び松竹株式会社のご理解ご協力を得て毎年開催され、町をあげて取り組む地域振興のイベントとして、全国からの歌舞伎ファンを魅了し続けている。

平成15年(2003)、旧金毘羅大芝居では、耐震構造補強工事(平成の大改修)が行われ、併せて長年、観劇の妨げとなっていた4本の鉄柱も取り除かれた。さらに調査の際、江戸時代の仕掛け「ブドウ棚」「かけすじ」の痕跡が発見され、これを復元。旧金毘羅大芝居は細部にわたり、江戸の時代を垣間見せる芝 居小屋へと再度、変貌を遂げたのである。

また、舞台と客席が一体化となった劇場空間に、復元された仕掛けを活用する事でより一層、上演される演目の幅も広がりを見せている。

第三十三回・四国こんぴら歌舞伎大芝居は、歌舞伎界をけん引する女形役者として期待される中村芝雀改め五代目中村雀右衛門さんの襲名披露口上(午後の部)のほか、今回の座頭を務める人間国宝の片岡仁左衛門さん(15年ぶり3回目)が出演する事も注目されている。

観劇セット券のご案内

公演日

平成29年4月8日(土)~23日(日) [ 千穐楽 ]
※1日2回公演

出演者

中村雀右衛門 / 片岡仁左衛門 / 片岡孝太郎 / 尾上松緑 / 坂東新悟 / 大谷廣太郎 / 
大谷廣松 / 片岡松之助 / 坂東竹三郎 / 坂東彌十郎 / 大谷友右衛門

演目

◆第一部 (午前11時 開演 )
一、神霊矢口渡 (しんれいやぐちのわたし)
二、忍夜恋曲者 (しのびよるこいはくせもの)
三、お祭り (おまつり)


◆第二部(午後3時 開演)
一、芦屋道満大内鑑 (あしやどうまんおおうらおかがみ)
二、口上 (こうじょう)
三、身替座禅 (みがわりざぜん)

代金

S席セット券 22,800円
A席セット券 19,800円
B席セット券 15,800円

入場券+プログラム+芝居弁当(午後はお土産)+お茶・お菓子+おしぼり付き
※ 右写真は平成22年度の内容です。

受付事項

2017年 第33回記念 四国こんぴら歌舞伎大芝居

問合せ

香川県仲多度郡琴平町1228-1
TEL 0877-75-2177
琴平バス株式会社/コトバス
四国こんぴら歌舞伎事務局 担当:寿野・眞鍋

注意事項

チケット先行予約でのお申込みは、チケットの入手を確約出来るものではありません。予めご了承ください。
回答は2月20日~月末までにメール又はお電話、ハガキにてご連絡いたします。

こんぴら歌舞伎
こんぴら歌舞伎TOP
演目と配役
出演者のプロフィール
ご利用案内
お申し込み

このページの先頭へ