インフォメーション

旅行読売臨時増刊で「コトバスエクスプレスとうどんタクシー」が紹介されました。(旅行読売臨時増刊)

メディア一覧へ戻る

- 2017年1月旅行読売臨時増刊より -

高松駅前の高速バスターミナルで夜行バスを降りると、高松の街は動き始めたばかり。早朝から開いている栗林公園で、さわやかな朝の散歩を楽しむことにした。時間があれば、紫雲山を背景に江戸初期の大名庭園が広がる南庭で和船に乗り(610円)、船頭さんの解説を聞きながら鑑賞したい。

おなかがすいたら高松駅発着のうどんバスに乗ろう。車がないと行きづらい郊外の有名うどん店や、丸亀城、善通寺などの観光スポットを巡る。土・日曜と祝日は1日コース、月~金曜は午前と午後の半日コースに分かれている。時間がないときやグループなら、うどんタクシーをぜひ。讃岐うどんの手打ち試験などをクリアした知識豊富な専任ドライバーが、好みに合った店へ連れていってくれる。道中のうどんトークも面白い。

ゆでたて熱々の「釜揚げ」や生卵とだししょうゆで食べるまろやかな「釜玉」など、本場のモチモチ麺をさまざまな食べ方で味わおう。

- 2017年1月旅行読売臨時増刊より -

インフォメーション
2017年・2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2006年
2005年

このページの先頭へ