インフォメーション

「かがわ経済レポート」で、ISO39001認証取得についてご紹介頂きました。(かがわ経済レポート)

メディア一覧へ戻る

- 2014年3月5日かがわ経済レポートより  -

「ISO39001認証」を取得
琴平バス(株)

コトバスグループの琴平バス(株)(仲多度郡琴平町 楠木泰二朗社長)は2月3日、ISO39001(道路交通安全マネジメントシステム)認証を審査機関の(一財)日本海事協会(東京都千代田区)より取得した。四国のバス会社では初となる。

同社は、平成25年8月の省令改訂により高速バスツアーから高速乗合バスとして新たに運行する高速バス「コトバスエクスプレス」を運営。“笑顔とおもてなし”をコンセプトにツアープランナーによる企画から添乗まで一貫したサービスを提供するバスツアー「コトバスツアー(運営:新日本ツーリスト(株))」のほか、讃岐うどんの名店を案内する「うどんタクシー(運営:琴平バス)」を中心としたバス・タクシーサービスも提供。

今回、「ISO39001」を取得したことでコトバスグループの持つ安全意識を十分にPRし、さらに安心な旅行や移動を楽しんでもらうことがねらいだ。

同社楠木社長は、「平成24年4月に発生した関越道ツアーバス事故やボーイング787、JR北海道の事故報道などでバスや乗り物に対する不安感が広がっている。そこで運行管理体制など安全に対する取組みをお客様に伝えることが大切と思い、第三者のお墨付きのISO39001認証を取得した。より一層、安心できるバスの旅を思いっきり楽しんでほしい。」と、これからの期待を話している。

ISO39001は道路交通事故による死亡・重傷事故ゼロの安全な社会を実現させることを目的とし、平成24年10月に発行された世界中で最も信頼され得る道路交通安全の国際規約。発表によれば、世界における道路交通事故による死亡者(年間:一三〇万人以上)や、負傷者(年間:五〇〇〇万人以上)が数多い昨今、国際的にも道路交通安全への取組みが注目されている。

電話〇八七―八二三―五六七八(琴平バス高松営業所 ※新日本ツーリスト内)

- 2014年3月5日かがわ経済レポートより -

インフォメーション
2017年・2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2006年
2005年

このページの先頭へ